悪霊シリーズの1作目!怖くないボーイ・ミーツ・ガール×ホラー!「ゴーストハント1 旧校舎怪談」小野不由美先生※ネタバレ注意!

こんにちは、きなこぬこです。

今回は小野不由美先生の「ゴーストハント1 旧校舎怪談」を読んだ感想についてまとめていきます。

あらすじ

麻衣が通う学校にも、よくある噂が広がっていた。それは、旧校舎には祟りがあり、崩したくても崩せないというもの。校長は心霊現象の調査事務所、渋谷サイキックリサーチ(SPR)にその怪談の調査を依頼する。偶然にもそのアシスタントに怪我をさせる要因を作ってしまった麻衣は、所長である17歳の美少年、渋谷一也の助手代行として、調査に協力することとなる。麻衣はその青年をナルと呼び、個性豊かな他の霊能力者たちと共に調査を進めていくが…

以下はネタバレを含みます。

感想

怖くないホラーです!!(大切)

あんまり怖すぎると夜寝れなくなりますが、このくらいなら大丈夫というほど良い塩梅です笑 ホラー好きの人には物足りなく感じるかもしれませんが、個性的なキャラクターたちが物語を盛り上げてくれます。彼らがワイワイしながら調査しているから尚更こわくないのかもしれません笑

怖さを求めるというよりは、ホラーがベースにあるものの、あくまで主体はキャラクターたちという感じですかね笑

アニメは昔に序盤だけみたことがあり、この話はアニメで知っていました。

途中までは霊的な超常現象に対し科学的アプローチで解決していくタイプの物語かと思いきや、オチはしっかりポルターガイストでしたね!

思春期の不安定な心を持った高校生たちが集まる学校で、内面の不安定さによる歪みから生じたポルターガイストの能力が呪いと呼ばれていたものの原因であったというのは、非常にまとまりが良く納得させられる原因であると思います。

3.まとめ

いかがでしたか?今回は小野不由美先生の「ゴーストハント1 旧校舎怪談」についてまとめさせていただきました。

麻衣の今後の助手としての活躍が楽しみですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

悪霊シリーズの他の作品はこちら↓

2作目「ゴーストハント2 人形の檻」

3作目「ゴーストハント3 乙女ノ祈リ」

4作目「ゴーストハント4 死霊遊戯」

5作目「ゴーストハント5 鮮血の迷宮」

6作目「ゴーストハント6 海からくるもの」

7作目 「ゴーストハント7 扉を開けて」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。