【「贋物霊媒師 櫛備十三のうろんな除霊譚」阿泉来堂先生(ネタバレ注意)】櫛備と美幸の関係は?あらすじ・感想・考察をまとめてみた!

こんにちは、きなこぬこです。

今回は阿泉来堂先生の「贋物霊媒師 櫛備十三のうろんな除霊譚」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。

あらすじ

まじめな男

配信番組の撮影のために廃ビルを訪れた「今世紀最強の霊媒師」である櫛備十三と、その助手の少女・美幸。櫛備は本当は除霊も降霊もできないインチキ霊媒師であった。二人はそこで、偶然死体を発見して動転し階段から足を滑らせて事故死したものの財布を探し続けている須貝の霊と出会う。

初恋

事故物件の除霊を依頼された櫛備は、その部屋に住んでいた男性の婚約者、亜里沙と出会う。彼女はその部屋で起こった殺人事件に巻き込まれ殺害された。もう一度婚約者に会うことができたら部屋から立ち去ることを櫛備と約束するが……

自慢の兄

田舎町のゴミ捨て場で毎日夕日を眺めて語らう兄弟。彼らはこの場所で事故に巻き込まれこの世を去ったものの、兄弟との約束を果たすためにゴミ捨て場に縛られていた。彼らに出会った櫛備は、彼らの美しい兄弟愛に感動して呪縛を解くためにそれぞれから話を聞く。

寄り添うものたち

テレビ番組の撮影のために多くの霊が目撃されている洋館を訪れた櫛備と美幸。しかし、屋敷を一通り見て回ってもひとりも霊が見当たらず、撮影のために適当な作り話を始める櫛備に呆れていた美幸は、突然黒い塊に呑みこまれてしまう。目が覚めると、同じ洋館内の別の空間に閉じ込められていた。櫛備の姿を見ることができても声が届かず困っているところに、黒い塊が再び現れる。

以下はネタバレを含みます。

感想

阿泉来堂先生では那々木悠志郎シリーズ以外の初めての作品、そして初めての短編ですが、見事などんでん返しは健在で非常に面白かったです!短編なので話の展開が早く、ラストには必ず驚かせてくれる仕掛けがありました。

個人的には第二話の初恋がお気に入りです!依頼人は嘘をつくとはまさにこのこと……

今回の主人公も一癖も二癖もありそうなおじさんで、とっても魅力的でした!今作では全ての謎が明らかになったわけではなく、美幸との関係性も明かされなかったため、続編が出てくれることを楽しみにしています!

考察

今作で残された謎は①「ししがしら」とは何か②櫛備と美幸の関係性、の二点です。この二点について考察していきたいと思います。

「ししがしら」とは何?

櫛備が警察関係者に電話して情報を聞き出すときに持ち出した言葉で、その警察関係者にとっては脅しになる言葉のようです。櫛備は何かしらの弱みを握っている様子で、これは二年前の出来事とのこと。美幸の事件は八か月前のため、この「ししがしら」の件とは無関係と考えられるでしょう。八か月前に美幸と出会った時には真新しい杖を持っていたとのことから、足のこととも関係がないようです。

おそらくは櫛備が深く関わった警察関連の事件であり口止めされているのでしょう。これ以上の推測は現時点の情報ではできないので、続編で「ししがしら」について明かされることを期待しています。

②櫛備と美幸の関係性

八か月前に巻き込まれた事件により昏睡状態となっている美幸。霊体となって病院内を彷徨う美幸を出会った櫛備は、彼女の母に自分が医療費を出すと進言します。しかし、初対面の相手にここまでするなんてありえないですよね?

美幸を見た櫛備の反応は明らかに美幸を知っている様子でしたが、美幸は櫛備のことを知らない様子です。このことから、櫛備は以前から一方的に美唯のことを知っていたことが分かります。この時櫛備は電気の消えた手術室の前で落ち込んでいることから、誰かが手術を受けているため病院まで来ていたが、手術の結果が成功とはいえないものだったのでしょう。

以上のことから、櫛備は搬送された美幸の手術の様子を見に来たものの、結果的には昏睡状態となってしまって落胆していたのではないかと推測します。後に出てくる櫛備の美幸へ向けた言葉、「僕はいつだって君のことを大切に思っている」は、以前から美幸を気にかけていたようなセリフです。「何故なら君は」の言葉の続きは気になるものの、美幸のことを大切にしようとしていつことは確かですよね。

ただし、美幸の母と交わした会話は初対面のようだったので、美幸の母と櫛備にはつながりがない様子です。このことから、美幸が櫛備の娘であることは否定できます。(もしも櫛備が顔も名前も変えていて、美幸の母が知り合いであることに気付かなかったのなら別ですが……)また、美幸は片親であり、父親の存在については触れられませんでした。

以上のことから、美幸は櫛備の親しい男性の娘なのかもしれないと考えました。

また、これは根拠がない想像ですが……もしかすると美幸の父は既に他界しており、「ししがしら」の件と関係している可能性もありますね!

まとめ

いかがでしたか?今回は阿泉来堂先生の「贋物霊媒師 櫛備十三のうろんな除霊譚」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール