【「リカ」五十嵐貴久先生(ネタバレ注意)】あらすじ・感想・考察をまとめてみた!リカシリーズ1作目!なぜリカは怖いのか?

こんにちは、きなこぬこです。

今回は五十嵐貴久先生の「リカ」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。

ずっと気になっていたシリーズだったのですが、今まで読んでいなかったことを後悔するくらいおもしろかったです!

1作目の「リカ」を原作として、2021年に雨宮リカ役:高岡早紀さん、本間隆雄役:大谷亮平さんでドラマ化されています!

さらにはドラマ版の続編として、2作目の「リターン」を原作とした映画が公開されました!


引用元:映画『リカ 自称28歳の純愛モンスター』オフィシャルサイト

また、今作「リカ」のみ漫画化もされています!

あらすじ

妻子と共に、絵に描いたように幸せな暮らしを送る会社員の本間は、友人の誘いに乗ってほんの出来心から出会い系サイトを始めてみた。最初は半信半疑だったものの、想像以上に面白い出会い系サイトにのめり込んでいく。本間はサイト上で「リカ」と名乗る女性とやり取りをし、彼女に興味を抱き会ってみようとした。ところが、現れたのは恐ろしい風貌の異臭のする女性だった。何とか関係を断ち切ろうと試みる本間であったが、リカの常軌を逸する執着心や常人には到底理解できないほどの狂気に翻弄され、本間の日常は破壊されていく……

以下はネタバレを含みます。

感想

前半の情弱おじさんたちが気持ち悪すぎて読むのが辛かったですが……リカの登場からリカの様子がどんどんおかしくなっていく過程は最高に引き込まれました!一気に最後まで読んでしまいました!

リカに追い詰められていく過程の緊迫感やリカの異常さが際立つ描写は、人間の形をとりながらも化け物のようなリカの恐ろしさが伝わってきました!

個人的には、幸せな家庭を築きながらも出会い系サイトで遊んでいた本間に対して全く同情の余地はありませんが、同じ年代で似たような立場の人が読んだら共感できる部分もあるんでしょうか?

本間のために動いてくれていた原田が殺された時の絶望感は凄まじかったです……菅原さんがいて良かった……

ちなみに、2chの洒落怖の人が怖い系の話で似たようなスレがいくつか目にしたことがあるような気もします笑

リカは小説内の存在ではありますが、似たような異常者は現実にも存在するということを頭の片隅に置いて、個人情報の管理には気をつけなくてはいけませんね……

考察

今回は「リカ」という存在が何故怖いのかについて、今作の内容から考えてみたいと思います!

前提として、私自身はシリーズ1作目の「リカ」しか読めていません笑

既出の情報を全て考慮しているわけではないので、本作の今後の展開と矛盾した妄想が混ざっている可能性があります……笑

まずは「リカ」に関わった人物たちの彼女の印象についてまとめてみます。

主人公の本間はリカのことを「異常に歪んだ自己愛」と評しています。重すぎる執着心を終始向けられ続けた本間でしたが、リカの自身に向けた感情ではなく、リカが彼女自身に向けた感情に着目しているのはおもしろいなぁと思いました。また、本間から依頼を受けていた探偵の原田は、人は些細なことをきっかけにして「その人間の存在そのものが、闇になっちまうんだ」と話しています。彼が直接リカと対峙している様子は描かれませんでしたが、リカのことを人の心の闇として捉えていたように感じました。一方、本間を危機から救い出し、リカと正面から対決した菅原は、「あの女はあなただけじゃない、もちろんわたしだけでもない。世の中のすべてのものを憎んでいたんです」とリカの印象を語っています。

三者三様の表現でリカは表されていますが、三人の言葉から見えてくるのは、「リカ」は正体が分からない存在でありながらも、誰もが持っている感情が極端に強くなりすぎて暴走している人間、ということかなと思います。

もちろん、正体が分からないということに恐ろしさを感じますが、同時に、「リカ」は私たちの誰もが持ちうる自己愛や承認欲求を原動力にしており、決して怪異や異星人のような遠い存在ではなく、日常生活に紛れて身近に潜んでいるかもしれないという親近感があることこそが、「リカ」という存在をより恐ろしいものとして引き立て、恐怖の対象足りうるものにしている正体なのではないかと考えました。

調べれば調べる程リカという存在が幻ではなく、過去も戸籍もある実在する人物で証拠が出てくるのが怖いところですよね……いっそおばけの方が良いというか笑

まとめ

いかがでしたか?今回は五十嵐貴久先生の「リカ」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

リカシリーズの他の作品はこちら!

2作目 「リターン」

[nlink url=”https://kinakonuko.com/2021/07/10/return-2/”]

3作目 「リバース」

[nlink url=”https://kinakonuko.com/2021/12/17/reverse/”]

4作目 「リハーサル」

[nlink url=”https://kinakonuko.com/2022/01/27/return/”]

【「リカ」五十嵐貴久先生(ネタバレ注意)】あらすじ・感想・考察をまとめてみた!リカシリーズ1作目!なぜリカは怖いのか?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール