【「リセット」五十嵐貴久(ネタバレ注意)】あらすじ・感想をまとめてみた!引き取った黒髪の美少女は悪魔だった!リカシリーズ7作目!

こんにちは、きなこぬこです。

今回は五十嵐貴久先生の「リセット」を読んだ感想についてまとめていきます。

今作はリカシリーズ7作目最新作ですね!

1作目の「リカ」を原作として、2021年に雨宮リカ役:高岡早紀さん、本間隆雄役:大谷亮平さんでドラマ化されています!

さらにはドラマ版の続編として、3作目の「リターン」を原作とした映画が公開されました!


引用元:映画『リカ 自称28歳の純愛モンスター』オフィシャルサイト

あらすじ

母親の親戚として引き取られた結花。自分を双子の姉であるリカと主張することを不思議に思いながらも、晃は升元家の一員として一つ屋根の下で生活することになった可憐な美少女に一目惚れする。なかなか家族や新しい高校生活に馴染めない中で自分とだけは会話をしてくれる結花に、晃は想いを募らせていく。しかし、担任教師と同級生女子が自殺するという事件が起きることで結花への疑念が芽生え始める。

以下はネタバレを含みます。

感想

今作は時系列的には3作目の幼少期~中学時代を描いた「リバース」6作目の看護学生時代を描いた「リフレイン」の間の、親戚に引き取られて過ごした高校時代の物語でしたね!やはり年代を遡るほど彼女の狂気は周囲から見えにくくなるのでしょうか?結花である自身を幼い頃から知っている親戚に結花であることを指摘されても姉のリカの名前を名乗り続けるのはやはり異常ではあるものの、その狂気を内に隠しながら社会に溶け込めています。とはいえ、彼女の特性である知能の高さは色々な制約がある中でも大人たちを圧倒し、自分を利用しようと企む相手すらも利用する彼女の計算高さには驚かせられました!

また、今作はリカに想いを寄せる少年の視点から語られているため、リカがどれほどの美貌と知性を兼ね備えて男性を虜にしているのかが見えやすくかったと思いました。今のところ看護学生時代までは美少女として描かれているみたいですが……看護師になってからは容姿まで狂気が滲み出ている様子ですよね。彼女の美しい容姿がモンスターに切り替わるポイントがどこにあったのか気になるところです。

あとがきで五十嵐先生が時系列で言えば2作目の「リターン」の後の物語を描く予定であることを言及されていました!「リターン」の後ということは、リカは銃弾を受けて死亡したと思われるものの死体は見つかっていない状況でしたよね……もしかして、リカが生き延びていたりするのでしょうか!?それとも、リカの心理に感染した人間が新たなリカとなって惨劇を起こしてしまうのでしょうか!?新作の発売が楽しみですね!

まとめ

いかがでしたか?今回は五十嵐貴久先生の「リセット」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

リカシリーズの他の作品はこちら!

1作目 「リカ」

2作目 「リターン」

3作目 「リバース」

4作目 「リハーサル」

5作目 「リメンバー」

6作目 「リフレイン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール