オークションに持ち込まれた錆びた鉄塊の正体は、ゴッホを殺したリボルバー!?ゴッホとゴーギャンの希望の物語「リボルバー」原田マハ先生 ※ネタバレ注意

こんにちは、きなこぬこです。

今回は原田マハ先生の「リボルバー」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。

表紙のゴッホの「ひまわり」の鮮やかな黄色が目を引く表紙ですね!

あらすじ

パリの小さなオークション会社「キャビネ・ド・キュリオジテ」で働く高遠冴は、長年ゴッホとゴーギャンを研究している。ある日、彼女のいるオークション会社に現れたサラという女性が持ち込んだもの、それは――ゴッホを撃ち殺したリボルバーだった。オークションに出すために真偽の程を調べるべく奔走するが、なかなか手がかりは見つからなかった。それでも冴は、ゴッホとゴーギャンにまつわる衝撃の物語に行き着くことになる。

以下はネタバレを含みます。

感想

ゴッホとゴーギャンといえば、知らない人はいないんじゃないかという程に有名で日本でも大人気な画家ですよね!私も二人とも大好きでオルセー美術館まで足を運びましたし、日本で展覧会がある時はできる限り見に行くようにしています。作中でも描かれているように、彼らの情熱に生きた姿と、作品に込められた熱量には本当に圧倒されますよね!

本当に、彼らの人生そのものが作品なのではないかと思えるくらい劇的なものですよね。

二人が共に暮らした時間は短かったですし、ゴッホは耳を切ってまでゴーギャンを引き留めようとしたのに最後は喧嘩別れして二度と会うことはなかったというエピソードには聞いた当時ショックを受け、悲しくなりました。

ですが、この作品で描かれているように、本当はお互いに心から尊敬していて、別れてしまった後にもう一度会ってお互いへの思いをぶつけ合うことができていたのなら……とても素敵なことだなぁと思いました。

創作であることが分かっていても、辛いエピソードが多い彼らの人生の中で、少しでも救いがあるように見えるこの物語が実話だったらいいなと思わずにはいられません。

ちなみに、ゴッホはやはりすごすぎて別次元の人間でしたが、ゴーギャンのゴッホに対する劣等感や憧れが混ざり合った複雑な心境には共感できる部分がありますね。

私は原田マハ先生の作品を読むのは今回が初めてだったのですが、歴史上の芸術家たちの人生を彼らの息遣いまで聞こえる程、その場に居合わせているかのようにリアルに描き出す表現に非常に感動しました!これを機に、先生の他の作品も読んでいきたいと思います。

考察

実際の「リボルバー」のオークションや展覧会は?

この作品の主軸となるゴッホを撃ったリボルバーですが、作品の最後にも書かれているように、現実では2019年6月19日にパリのオークションに出品されて1570万円で落札されたようです。これはなんと、事前の予想されていた額の2倍以上なんだとか!さすがゴッホですよね!

また、作中ではアムステルダムのファン・ゴッホ美術館で開催された「ゴッホと病」という展覧会に展示された拳銃の話が出てきて、最終的にオークションにかけられるのはサラのリボルバーではなくそちらで展示されたリボルバーですが、調べてみると実際にそのような展覧会がゴッホ美術館で開催されていたようなんです!作中に登場したものとは少し名前が異なるのですが……「On the Verge of Insanity(狂気の瀬戸際)」と題してゴッホの精神障害に関連した展覧会が、2016年に開催されていたようですね!もちろん、オークションで落札されたリボルバーも展示されていたようです!

実際のリボルバーの発見から出品までの経緯は、作中のエピローグで説明されている通りになります。

この物語の中心になったのは現実でオークションに出品されたリボルバーとは違う別のリボルバーですが、ここまで現実を綿密に織り込んでくると、ここで語られたゴッホとゴーギャンの物語の信憑性が増すように感じられて、よりリアリティが楽しめますね!

ゴッホとゴーギャン、冴と莉子

ゴッホはゴーギャンに対して終始敬意を表し、尊敬している様子でしたよね。また、史実ではゴッホのことが嫌いになってしまったように語られることの多いゴーギャンですが、ゴッホが嫌いだったのではなく、どこまでも芸術家としての高みにい登っていくゴッホに対し畏れ、劣等感を抱き、そして何よりも心から尊敬しているように描かれていて、読んでいて本当に嬉しくなりました。

冴と莉子の関係はこの二人にかなり近いものでしたね!

冴にとって莉子は、芸術について共に語り合うことのできる友人ですが、その一方恵まれた家庭環境を持ち、大手オークション会社に勤めるやり手のオークショニアであつ莉子は、冴の憧れの対象でもあります。作中でもしばしば、莉子を羨ましく思ったり、莉子と自分を比較して劣等感を抱く姿が見られましたね。

しかし、最後の最後で莉子は冴のことを尊敬していることが分かる場面が出てきます。莉子の心中は描かれていないので本心は分かりませんが、冴と莉子の関係はゴッホとゴーギャンのような関係として描かれているようですね!

冴にはかなわないと言って「あのゴーギャン、いずれオークションに出してもいいって」と冴に囁いた莉子ですが、彼女はその時点でサラが冴の元で大事な絵を売りたいと思っていることを見抜いていたのかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたか?今回は原田マハ先生の「リボルバー」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。