シャーロック・ホームズ初心者へオススメ!各話のあらすじから出版社ごとの比較、関連作品まで……入門として便利な一冊!「初歩からのシャーロック・ホームズ」北原尚彦先生

こんにちは、きなこぬこです。

今回は北原尚彦先生の「初歩からのシャーロック・ホームズ」についてまとめていきます。

タイトルに書いたようにシャーロック・ホームズに興味はあるけれどそこまで詳しくないという方にオススメなのですが、出版社ごとのシャーロック・ホームズの翻訳の内容や編集の方法まで紹介してくれているので、初めてシャーロック・ホームズを読んでみようと思うけどどの出版社のものを読んだら良いか分からない人、どの本から読んだら良いか迷っている人にも非常にオススメできます!

シャーロック・ホームズの各作品のあらすじがネタバレなしで紹介されているところもオススメできるポイントですよ!

内容をザックリ紹介!

ここからは章ごとの内容についてザックリ説明していきますね!

第1章 初めてのシャーロック・ホームズ

ここではそもそもシャーロック・ホームズとは何者なのかについての説明が書かれています。また、上述したように原作を読む順番や、日本語訳で出版されている数ある本の中からどの出版社で読むのがオススメなのかが紹介されています。

結論を言うと、読む順番は全巻読むつもりなら出版順ですが、とにかく作品を読んでみたいという方に対しては筆者は短編集の「シャーロック・ホームズの冒険」をオススメされていました!出版社に関してはそれぞれの特徴を解説してくれていますが、結局は自分に合ったものから読み進めることを勧めています。

第2章 華麗なる登場人物たち

ここではシャーロック・ホームズや相棒のワトソンをはじめとする、シリーズ内で活躍するキャラクターたちのことが詳しく紹介されています。登場回数が少ないキャラクターに関してはどの話に登場するのかも教えてくれます。

第3章 ホームズが活躍した「舞台」(時代と地理)

シャーロック・ホームズの舞台となっている19世紀末頃のロンドンの様子や、海外の動向、この時代の文学まで、幅広い視点から解説してくれています。

第4章 「正典」紹介

シャーロック・ホームズの原作である「正典」について、各話がネタバレなしで解説されています。さらに、各話内にある、シャーロック・ホームズのファンであるシャーロキアンの間で長年議論されている矛盾点等の解説もあり、クスッと笑えます!

第5章 真の作者アーサー・コナン・ドイル

作者のアーサー・コナン・ドイルについて説明しています。コナン・ドイルが自分が作り出したシャーロック・ホームズのことが嫌いで何とかシリーズを終わらせてしまおうと何度も試みていたことには驚きましたが、本当に必死だったようで面白いです笑

コナン・ドイルは本当は他のジャンルをもっと書きたかったようですね。SFでも名を残しているようで、「失われた世界」はジュラシック・パークのような作品の先掛けになったみたいです!

第6章 次に進むべき道

ここでは、他の作家がシリーズの続編を描いた「パスティーシュ」、シャーロック・ホームズを元にした「パロディ」、そして、さらに詳しくシャーロック・ホームズを知るためにオススメな「研究書」まで、様々な関連書籍を紹介してくれます。最近のものまでたくさん紹介してくれているので、何から読んでみようか迷ってしまいます!

最近のものでしたら、「カササギ殺人事件」や「その裁きは死」などで有名なアンソニー・ホロヴィッツ先生の「シャーロック・ホームズ 絹の家」が個人的に気になりました!

第7章 メディアミックス、そして未来へ

書籍以外の映画やドラマ、漫画、ゲームでのシャーロック・ホームズシリーズの展開を紹介しています。

BBCのドラマ「SHERLOCK/シャーロック」は前から気になっているので、時間を作ってみていきたいなと思っています!

まとめ

いかがでしたか?今回は北原尚彦先生の「 初歩からのシャーロック・ホームズ 」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。