【「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ(ネタバレ注意)】あらすじ・感想・考察をまとめてみた!映画化作品!

こんにちは、きなこぬこです。

今回は瀬尾まいこ先生の「そして、バトンは渡された」を読んだ感想についてまとめていきます。

2019年本屋さん対象受賞の今作!ずっと気になっていたのですが、文庫化されたのを機に読んでみました!

優子役:永野芽郁さん、森宮役:田中圭さんで2021年に映画化されましたね!

 あらすじ

幼いころから何度も家族の形が変わってきた優子。他人から見れば本当の両親と暮らさずにいろんな人の元を転々としている彼女は不幸と思われがち。でも、本人は、自分が不幸ではないのを知っている。自分を育ててくれた人たちがバトンを繋ぎながら、優子に愛情を惜しむことなく注いでくれて来た、軌跡の物語。

以下はネタバレを含みます。

感想

コロコロと変わる家族の形、受け継がれていく親というバトン。

こういった親が変わるお話というと、血の繋がらない親から子供がひどい仕打ちを受ける物語というイメージが強いですが…

この作品では優子を育てる親たちは、みんながみんな持てる限りの愛情を優子に注ぎ、真摯に接していて、とても心打たれました。

子供である優子は大人たちに流されることもありながらも、優子自身も変わっていく親たちに対して真っすぐに向き合い成長していきます。

普段はミステリーを読むことの多い私ですが、この作品は結婚する前なんかに読み返したいなと思いました!

読み終わった時には心にじんわりと温かいものが広がっていく感じがして、無性に家族に会いたくなりました笑

これには本屋大賞も納得です笑

あと、森宮さんがズレているけどいい人で、重くなりそうなテーマであるにも関わらず物語全体を明るくしていて大好きになりました!

森宮さんは全力でお父さんになろうとしていて、家族は血の繋がりだけだはないことを感じさせてもらえました。

現実にいたらちょっとめんどくさい人な気もしますが笑

私も連日餃子はしんどいですね笑

まとめ

いかがでしたか?今回は瀬尾まいこ先生の「そして、バトンは渡された」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール