【「ルームメイトと謎解きを」楠谷佑先生(ネタバレ注意)】ルームメイトはクールな変人?あらすじ・感想をまとめてみた!

こんにちは、きなこぬこです。

今回は楠谷佑先生の「ルームメイトと謎解きを」を読んだ感想についてまとめていきます。

あらすじ

全寮制男子校の霧森学園。その古くて小さい寮のあすなろ館に住む活発な高校二年生の兎川雛太は、クールだが動物のことだけはこよなく愛している転入生の鷹宮絵愛とルームメイトになる。一年前あすなろ館に住んでいた生徒が自殺した事件に関係している可能性がある学内の権力者、生徒会長の湖城龍一郎が殺害され、犯行現場の状況からあすなろ館に住む人間に容疑がかけられてしまう。同じ寮に住む仲間たちが疑心暗鬼になる中、雛太は仲間の疑いを晴らすために立ち上がる。

以下はネタバレを含みます。

感想

爽やかな青春ミステリーでしたね!明るくて活発な男の子とクールだけど少し変わったところのある男の子の組み合わせ、彼らの仲間を信じようとする真っすぐさや後先を考えずに突っ走ってしまう姿はとってもかわいかったですね!

全寮制の私立学校という閉鎖的な空間における特殊なシチュエーションがうまくミステリーに組み込まれていて面白かったです!体育の授業での教師の様子や寮でのルールが、真犯人を導き出すための手段となっていて良かったです。また、消去法によって真犯人を絞り込んでいく思考法は新鮮でした!

エチカは今までの学校生活でも家庭でも居場所のなさを感じていた様子ですが、ヒナの真っすぐさに触れることで少しずつ心を開いていきましたね。クールで不器用なため周囲から勘違いされやすく、その勘違いを訂正することも諦めてしまっていた様子のエチカでしたが、ヒナがエチカの人間性を知った上で信じた続けたことが彼の心を動かしたようで良かったです!

まとめ

いかがでしたか?今回は楠谷佑先生の「ルームメイトと謎解きを」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール