ネメシスシリーズ2作目!今回は嵐ネタがちらほら!ちょっと変わった番外編も!「ネメシスⅡ」藤石波矢先生 ※ネタバレ注意

こんにちは、きなこぬこです。

今回は藤石波矢先生の「ネメシスⅡ」を読んだ感想・考察についてまとめていきます。

書籍シリーズの出版と並行して、風真尚希役:櫻井翔さん、アンナ役:広瀬すずさんで、ドラマが放送されていましたね!

あらすじ

HIPHOPは涙の後に

中学生の神谷節子から兄の神谷樹を探してほしいという依頼を受けたネメシスのメンバーは、二人がクラス児童養護施設や樹が出入りしていたというライブハウスに足を運んでみたことで、手がかりを掴む。道具屋の星憲章にも協力してもらい樹の居場所を突き止めるが、時すでに遅し。樹が人を殺した場面に遭遇してしまう。

道具屋・星憲章の予定外の一日

道具屋の星憲章がコンビニから帰ってくると、自宅の入り口の前で拉致が行われている最中だった。我関せずに徹しようとした星だったが、犯人の男、山田が家の中に入ってしまったことから事件に協力する羽目になる。山田は固い意志を持って、ある目的のために行動していた。予定を立てて生きている星の、予定外の冒険の話。

以下はネタバレを含みます。

感想   

今回は初めてネメシスが中心ではない話が登場しましたね!

星さん、冷血漢に徹しようとしながらもなんだかんだで人情に厚くて素敵なキャラクターですね!秘密道具も秘密基地も、なんだか読んでいるだけでワクワクしてしまいました笑

個人的にテンションが上がったのは、嵐ネタが出てきたことですかね!

まず、作中で風真がラップをしてますね。もちろんアンナもしてるんですが、風真役の櫻井翔さんは嵐の曲で自分で作詞してラップをしてるので、そのことを意識しているように感じました笑

また、感謝感激雨あられということわざを、アンナが間違って「感謝感激雨あらし」と言っていますね。これは「感謝カンゲキ雨嵐」という2000年にリリースされた嵐の曲の名前ですよね!

このように、藤石先生の遊び心が感じられて楽しめました!

今回も考察したいのですが……ネメシス関連の追加情報があまりなく、考察するだけの情報がなかったので、今回は考察はお休みします笑

強いていうならば、栗田が依頼を受ける基準が気になりますねぇ……今回は児童養護施設でしたし、前回のドンファン事件との関連性が見えません。

今後の依頼内容を見て、共通するところを考えていこうを思います笑

                                                                                                 

まとめ

いかがでしたか?

今回は藤石波矢先生の「ネメシスⅡ」についてまとめさせていただきました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ネメシスシリーズの他の作品はこちら!

1作目 「ネメシスⅠ」今村昌弘先生

3作目 「ネメシスⅢ」周木律先生

4作目 「ネメシスⅣ」降田天先生

5作目 「ネメシスⅤ」藤石波矢先生

6作目 「ネメシスⅥ」青崎有吾先生/松澤くれは先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ソーシャルプロフィール